• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

50億円の覚醒剤密輸 泳がせ捜査で“秘密工場”摘発の舞台裏

「泳がせ捜査」で覚醒剤精製の「秘密工場」を突き止めた。

 警視庁組織犯罪対策5課は27日、米国から覚醒剤約78キロ(末端価格約50億円)を密輸したなどとして、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入・製造)の疑いで住所、職業いずれも不詳の米国籍のホアン・マシュー容疑者(25)を再逮捕したと発表した。

 マシュー容疑者は昨年12月上旬、90日の短期ビザで来日。同じ頃、検査場で東京税関が、米カリフォルニア州から国際小口航空貨物で届いた段ボール箱から、約12・7キロの覚醒剤を発見。「シュリンプ」と書いてあるエビの調味料の中に、小口に分けた覚醒剤が入った袋があった。

「麻薬の密輸の摘発には、
『コントロールド・デリバリー(泳がせ捜査)』と言われる捜査手法がある。

 麻薬の密売を察知した時点で、運び人を泳がせて組織を一斉に摘発するというもの。証拠品をあえて押収せずに、そのまま流す、あるいは中身を替えて届け先に送る2種類の方法です。今回、覚醒剤を別のものに入れ替え、明記された東京都豊島区高田の住所にそのまま送った。本人名義で借りていた民泊マンションで待機していたマシュー容疑者が箱を開けたのを捜査員が確認し、薬物所持の疑いで現行犯逮捕した。さらに同じ時期に、国際スピード郵便で約65キロの覚醒剤が送られてきた。押収した覚醒剤は合わせて約78キロになります」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る