• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「帰らなアカンのや~」終電に“へばりつき男”の動機と代償

 まったく人騒がせな御仁だ。

 酒に酔った状態で最終電車にへばりついて緊急停止させ、引き離そうとした駅員に抵抗したとして、会社員の長尾茂樹容疑者(44)が3日、威力業務妨害の疑いで兵庫県警に逮捕された。

 3日午前1時すぎ、JR三ノ宮駅構内では最終電車を知らせるアナウンスが流れていた。明石市西明石西町に住む長尾容疑者もエスカレーターを駆け上がり、姫路方面行きホームへ向かった。が、時刻はすでに定刻の1時6分を1分回り、西明石駅行きの普通最終電車のドアは閉まっていた。まさに電車が出発しようとしたその時、あろうことか、長尾容疑者は先頭から3両目のドアをドンドン叩きながら「開けてくれ~。頼むわ~。何で開けてくれへんのや~」と、叫び出した。

 ホームにいた駅員が慌てて駆け寄り「お客さん、危ないですよ。もうご乗車いただけません。危険です」と引き離そうとしても、その制止を振り切り、発車した電車にもたれかかったまま一緒に歩き始め、「開けてくれ~。コレに乗って帰らなアカンのや~」と言って窓を叩き続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る