「帰らなアカンのや~」終電に“へばりつき男”の動機と代償

公開日:

 まったく人騒がせな御仁だ。

 酒に酔った状態で最終電車にへばりついて緊急停止させ、引き離そうとした駅員に抵抗したとして、会社員の長尾茂樹容疑者(44)が3日、威力業務妨害の疑いで兵庫県警に逮捕された。

 3日午前1時すぎ、JR三ノ宮駅構内では最終電車を知らせるアナウンスが流れていた。明石市西明石西町に住む長尾容疑者もエスカレーターを駆け上がり、姫路方面行きホームへ向かった。が、時刻はすでに定刻の1時6分を1分回り、西明石駅行きの普通最終電車のドアは閉まっていた。まさに電車が出発しようとしたその時、あろうことか、長尾容疑者は先頭から3両目のドアをドンドン叩きながら「開けてくれ~。頼むわ~。何で開けてくれへんのや~」と、叫び出した。

 ホームにいた駅員が慌てて駆け寄り「お客さん、危ないですよ。もうご乗車いただけません。危険です」と引き離そうとしても、その制止を振り切り、発車した電車にもたれかかったまま一緒に歩き始め、「開けてくれ~。コレに乗って帰らなアカンのや~」と言って窓を叩き続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る