強盗殺人で書類送検「夜回り組長」自殺の裏にある“心の闇”

公開日: 更新日:

「事件を起こす以前から、周囲に『もう死にたい』と漏らしていたそうです」(関係者)

 5日、警視庁に容疑者死亡のまま強盗殺人容疑で書類送検された「夜回り組長」の石原伸司こと住所不詳、元山口組系組長の石毛義雄容疑者(79)。昨年10月26日未明、東京都豊島区にある簡易宿泊所の仮眠室で、宿泊客の男性(当時71)を絞殺し、約100万円相当の腕時計を奪った疑いだ。

 石毛容疑者は3月6日夜、都内の公園で知人男性を背後から刺す傷害事件を起こした後、隅田川で死亡しているのが発見された。

「目撃者によると、石毛容疑者は自ら川に飛び込んだそうで、入水自殺とみられています。ちなみに現場の宿泊所も公園も、同性愛者の“ハッテン場”として知られているそうです」(捜査事情通)

 関係者らによると、石毛容疑者は22歳のころに暴力団に入り、その後は刑務所を出たり入ったり計30年近く服役。2001年に出所後、暴力団から足を洗い、新宿や渋谷といった繁華街で不良少年らの悩みを聞く「夜回り組長」を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る