西部邁さん自殺幇助 協力者2人は実刑判決を受けるのか?

公開日:

「起訴されるのか?」「どんな判決を受ける?」――。こんな疑問が聞こえてくるのが評論家・西部邁氏(当時78)の自殺幇助事件だ。

 西部氏の遺体は1月21日未明に大田区田園調布5丁目の多摩川付近で発見された。胴体に安全作業用のハーネスが取り付けられ口にはネックウオーマーが巻かれていた。

 今月5日、警視庁は西部氏が出演していたテレビ番組のプロデューサーだった窪田哲学(45)と、会社員・青山忠司(54)の両容疑者を自殺幇助容疑で逮捕、7日に送検した。

「青山容疑者は西部氏が主宰していた私塾の塾頭で、勤務先の会社からハーネスを持参。自殺の夜、西部氏が新宿から多摩川に移動するクルマを運転していた。窪田容疑者はハーネスにロープを結び付けたことを認めている。ネックウオーマーを口に巻いたのも窪田容疑者のようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る