• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネズミが食べた? アルゼンチン警察で大麻540キロ消失の怪

 南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの郊外ピラルにある警察本部で奇妙な出来事が起きた。昨年、警察本部長が交代した際に、証拠を保管する倉庫にあった6000キロの乾燥大麻のうち、ナント約540キロが消失していることが発覚したのだ。

 横領などの疑惑が浮上したため、国家憲兵隊が責任者である前本部長ら4人を取り調べたところ、4人全員が口をそろえて「ネズミが食べた」と主張。警察の監察当局が“真偽”を調査しているという。9日付のアルゼンチン紙「ラ・ポリティカ」(電子版)などが報じている。

 もっとも、専門家によると、540キロもの大麻をネズミが食べれば死んでしまうので、“ネズミ犯行説”の可能性は低い。この2年間で、証拠保管倉庫でネズミの死骸が見つかったことはなかったという。

 これまでのところ前本部長らに懲戒処分などは下されていないが、来月、連邦裁判所に召喚されるそうだ。果たしてネズミの“冤罪”は晴らされるか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る