2億円ビットコイン詐取 男7人の素性と“背後に潜む首謀者”

公開日:

「俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの」

 時価約1億9000万円のビットコインを会社社長からだまし取った詐欺グループのリーダー格の男は、フェイスブックにそう書いていた。

 10日、詐欺の疑いで警視庁と兵庫県警に逮捕されたのは、青果販売業の東健太容疑者(24=神戸市北区)ら男7人。

「グループのリーダー格が年長の東容疑者で、残り6人は22~24歳の飲食店店長と土木作業員、内装業の2人と塗装業の2人。それぞれ神戸市と高砂市に住み、地元で一緒に悪さをするような遊び仲間ですね」(捜査事情通)

 あらましはこうだ。

 東容疑者らは「誰か2億円でビットコインを売ってくれないか」などと呼びかけ、都内マーケティング会社社長の40代男性が、知人を通じてそれに応じた。東容疑者らと知人に面識はなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る