• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

37年逃亡し続けた米脱獄囚 逮捕の決め手は母親の死亡記事

 1981年に米オクラホマ州マスコギーにある刑務所「ジェス・ダン矯正センター」から脱獄して37年間、逃亡生活を送っていた男がテキサス州ヒューストンで逮捕された。

 オクラホマ州の地元テレビ局「ニューズ4」が12日に報じたところによると、逮捕されたのはスティーブン・パリス(58)。80年、麻薬所持および密売の罪で懲役9年の実刑判決を受け、1年7カ月服役した後で脱獄。有罪が確定した犯罪者を管轄するオクラホマ矯正局から「最重要指名手配」されていた。

 逮捕の決め手になったのは、地元紙に掲載されたパリスの母親の死亡記事だった。脱獄囚である息子の名前が「スティーブン・パリス」ではなく「スティーブン・チャベス」と記載されているのに、米連邦保安官局の捜査官が1カ月半ほど前に気づいたのだ。

 もしやパリスは「チャベス」と名前を変えて暮らしているのではないか? そう考えた捜査官は、パリスがチャベスの変名で勤務しているヒューストンの職場を突き止め、指紋を採取。記録と照合したところ一致したため、12日朝、出勤してきたところを逮捕したという。

 母親の死亡記事に“変名”が記載された経緯については不明だが、逮捕を受け、オクラホマ州矯正局は80年に逮捕された際の顔写真と逮捕直後のパリスの写真をツイッターに投稿し、ヒューストン警察と連邦保安官局に感謝の言葉をツイートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る