37年逃亡し続けた米脱獄囚 逮捕の決め手は母親の死亡記事

公開日:

 1981年に米オクラホマ州マスコギーにある刑務所「ジェス・ダン矯正センター」から脱獄して37年間、逃亡生活を送っていた男がテキサス州ヒューストンで逮捕された。

 オクラホマ州の地元テレビ局「ニューズ4」が12日に報じたところによると、逮捕されたのはスティーブン・パリス(58)。80年、麻薬所持および密売の罪で懲役9年の実刑判決を受け、1年7カ月服役した後で脱獄。有罪が確定した犯罪者を管轄するオクラホマ矯正局から「最重要指名手配」されていた。

 逮捕の決め手になったのは、地元紙に掲載されたパリスの母親の死亡記事だった。脱獄囚である息子の名前が「スティーブン・パリス」ではなく「スティーブン・チャベス」と記載されているのに、米連邦保安官局の捜査官が1カ月半ほど前に気づいたのだ。

 もしやパリスは「チャベス」と名前を変えて暮らしているのではないか? そう考えた捜査官は、パリスがチャベスの変名で勤務しているヒューストンの職場を突き止め、指紋を採取。記録と照合したところ一致したため、12日朝、出勤してきたところを逮捕したという。

 母親の死亡記事に“変名”が記載された経緯については不明だが、逮捕を受け、オクラホマ州矯正局は80年に逮捕された際の顔写真と逮捕直後のパリスの写真をツイッターに投稿し、ヒューストン警察と連邦保安官局に感謝の言葉をツイートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る