広島・高2女子刺殺 警察の手を逃れた35歳男の潜伏生活14年

公開日: 更新日:

 2004年10月に広島県廿日市市で起きた県立高2年の北口聡美さん(当時17)刺殺事件で、13日、県警に殺人容疑で逮捕された土木会社社員、鹿嶋学容疑者(35=山口県宇部市東岐波)は、「一度も捜査線上に浮かんでこなかった」(捜査事情通)という。

「殺害現場で犯人のものと思われる指紋や、聡美さんの爪の中からは皮膚片も見つかり、ダンロップ社製スニーカー(26~27センチ)の跡も残されていた。聡美さんの妹の目撃証言から事件当時20歳ぐらい、身長165センチほどのガッチリ体形と特徴も分かっていたし、似顔絵もあった。それでも14年近くシッポをつかませなかったわけです」(前出の捜査事情通)

 急転直下の逮捕に至ったのは、今月に入って鹿嶋容疑者が暴行事件を起こし、3日に取り調べを受け、その際に採取された指紋やDNA型が現場のものと一致したからだ。暴行事件のきっかけは職場の同僚とのいさかい。今月初めに「打ち合わせで返事をしない」との理由で同僚の尻を蹴ったという。裏を返せば、それまでは警察の厄介になる、指紋を採取されるような“トラブル”を一度も起こさなかったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る