児童の母親と性的関係でクビに 54歳小学校校長の重い代償

公開日:

「普通の恋愛であれば、そこまでの罰は必要ないと思う」――ネット上には、擁護する声も少なからずある。児童の母親と性的関係を持った都内の小学校校長が11日、懲戒免職、要するに“クビ”になった件だ。

 都教委などによると、校長は多摩地域の小学校に勤めていた54歳で、2014年4月ごろから今年1月9日にかけ、勤務校の児童の母親と交際し、ホテルなどで性的関係を持っていた。

 1月に地元教委に匿名の投書があり、発覚。校長は事実を認め、反省の弁も口にしているというが、ネット上には「不倫だったらまずいけど、お互い独身だったらいいんじゃないの」なんて声もある。

 実際、都教委の「教職員の主な非行に対する標準的な処分量定」によると、同意の有無にかかわらず、児童・生徒に対する性行為(未遂含む)は即免職だが、対保護者については免職、停職、減給と幅を持たせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る