• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

児童の母親と性的関係でクビに 54歳小学校校長の重い代償

「普通の恋愛であれば、そこまでの罰は必要ないと思う」――ネット上には、擁護する声も少なからずある。児童の母親と性的関係を持った都内の小学校校長が11日、懲戒免職、要するに“クビ”になった件だ。

 都教委などによると、校長は多摩地域の小学校に勤めていた54歳で、2014年4月ごろから今年1月9日にかけ、勤務校の児童の母親と交際し、ホテルなどで性的関係を持っていた。

 1月に地元教委に匿名の投書があり、発覚。校長は事実を認め、反省の弁も口にしているというが、ネット上には「不倫だったらまずいけど、お互い独身だったらいいんじゃないの」なんて声もある。

 実際、都教委の「教職員の主な非行に対する標準的な処分量定」によると、同意の有無にかかわらず、児童・生徒に対する性行為(未遂含む)は即免職だが、対保護者については免職、停職、減給と幅を持たせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る