• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

等身大パネル“誘拐”で米レストラン経営者が異例の呼びかけ

 米北東部バーモント州バーリントンの人気レストラン「レウニグズ・ビストロ」を経営するボブ・コンロンさんは、地元のバーリントン国際空港に自分の実物大の写真を貼った等身大パネルを3枚設置していた。

 もちろんレストランの宣伝のためだが、先月23日夜、その等身大パネルの1枚が“誘拐”されてしまった。

 ボブさんは今月11日になって、「パネルを“虐待されていない”状態で返していただければ、どなたでも100ドル(約1万750円)の商品券を差し上げます。持って行った本人でも告発はしません」と呼びかけた。11日付の地元紙「バーリントン・フリー・プレス」(電子版)などが報じている。

 事件を捜査しているバーリントン警察によると、空港の監視カメラには、事件当夜に到着したデルタ航空の乗客の若い女性2人がパネルを盗んでいく様子が映っているという。写真は、同警察がツイッター(11日付)に投稿した監視カメラ映像のひとコマだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る