等身大パネル“誘拐”で米レストラン経営者が異例の呼びかけ

公開日:

 米北東部バーモント州バーリントンの人気レストラン「レウニグズ・ビストロ」を経営するボブ・コンロンさんは、地元のバーリントン国際空港に自分の実物大の写真を貼った等身大パネルを3枚設置していた。

 もちろんレストランの宣伝のためだが、先月23日夜、その等身大パネルの1枚が“誘拐”されてしまった。

 ボブさんは今月11日になって、「パネルを“虐待されていない”状態で返していただければ、どなたでも100ドル(約1万750円)の商品券を差し上げます。持って行った本人でも告発はしません」と呼びかけた。11日付の地元紙「バーリントン・フリー・プレス」(電子版)などが報じている。

 事件を捜査しているバーリントン警察によると、空港の監視カメラには、事件当夜に到着したデルタ航空の乗客の若い女性2人がパネルを盗んでいく様子が映っているという。写真は、同警察がツイッター(11日付)に投稿した監視カメラ映像のひとコマだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る