脱走逃亡犯やっと逮捕…地元広島が安堵した意外な理由

公開日:

「逃げるのがしんどかった」と供述しているという。

 4月8日に愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から脱走した平尾龍磨容疑者(27)が、とうとう捕まった。30日午前、広島県警が広島市内で身柄を確保。夕方、愛媛県警今治署に移送された。

「平尾容疑者が広島駅近くのネットカフェに滞在していたところ、客のひとりが『逃走犯に似た男がいる』と通報した。逮捕時の所持金は2万円ほど。頬が少しこけ、やつれた印象でしたが、広島東署では、取り調べ時に出された弁当を残さず平らげました。脱獄の理由は『刑務所での人間関係に疲れた』と話しているそうです」(捜査関係者)

 平尾容疑者は脱獄後、盗んだ車でしまなみ海道を北上し、広島県尾道市の向島に潜伏しているとされていた。広島・愛媛両県警は向島を中心に延べ1万5000人以上の捜査員を動員して行方を追っていたが、平尾容疑者が見つかったのは向島から約70キロも離れた広島市内だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る