フグ肝販売 愛知のスーパーは「鮮魚が安い」と人気上々

公開日:

「今後、フグは一切売りません」――社長はそう約束していた。

 愛知県蒲郡市の「スーパータツヤ」で販売が禁止されている肝臓入りのヨリトフグが売られていることが発覚。1月16日に県と県警にガサ入れされた。売れた5パックのうち2パックが未回収だと大騒ぎになったが、あれからどうなったのか。調査に当たった豊川保健所に聞いてみた。

「結局6パックの販売が確認されました。4パックは回収されましたが、2パックは消費されました。食べた2人から申し出がありましたが、いずれも健康に問題ありませんでした。スーパーは、県に出していたフグ処理施設の設置届を廃止しました。フグは扱わないことにしたようです。食中毒などの健康被害が起こったわけではありませんので、行政処分などは行っていません」(食品安全課担当者)

 ヨリトフグの肝臓は、トラフグに比べて毒性が弱く、地元では以前から食べられていたとも報じられたが、同保健所が管轄区域のスーパーを調査したところ、「ほかに販売は確認できなかった」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る