傷ついた熊と2ショットを自撮り インド人男性の悲惨な顛末

公開日:

 何か珍しいものがあると、それを背景にスマホで自撮りして、SNSでシェアする人が多いが、絶対に一緒に自撮りしてはいけないものもある。

 その一つが「手負いのクマ」。

 米ニュースサイト「バリューウォーク」が4日付で報じたところによると、インド東部オリッサ州ナバランガプルに住むタクシー運転手のプラプー・バタラさんは先日、結婚式に参列した客を数人乗せて、家まで送り届けていた。途中でトイレに行きたくなり、道路脇にタクシーを止め、池のそばに近寄ったところ、傷ついたクマが水を飲もうとしているのに気が付いた。

 そのまま放置するか、森林警備隊に連絡すべきだったが、よせばいいのに、バラタさんはスマホで傷ついたクマとツーショットを撮るために近づいていったのだ。これに気が付いた乗客たちは「傷ついたクマはすごく危険だ、やめろ!」と警告したが、間に合わなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る