新潟小2女児殺害は「あすはわが子」…母親たちの切実な声

公開日:  更新日:

「黒い服のサングラスの男」の仕業なのか。

 7日夜に新潟市西区のJR越後線で小学2年生の大桃珠生ちゃん(7)が遺体で見つかった事件は「本当に痛ましい凶悪極まる事件」(栗生俊一警察庁長官)だが、「あすはわが子です」と話すのは、自身も小2の娘がいる生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏だ。

 珠生ちゃんは、7日午後3時ごろに学校が終わり、同15分ごろに複数の友人と一緒に下校。自宅近くの踏切手前で友人と別れた。

「踏切から自宅までは子供でも数分の距離で、その間に連れ去られたとみられています。珠生ちゃんはその日の朝、友人に『黒い服のサングラスのおじさんに追いかけられた』と話していたそうです」(捜査事情通)

 珠生ちゃんが通う小学校では、1、2年生はほぼすべて、防犯ブザーを付けていたという。それで友人と集団で登下校しても、鬼畜どもは一瞬の隙を突いてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る