• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新潟女児殺害でウソ供述 容疑者の二面性と“空白7時間”の謎

 淡々と取り調べに応じているが、反省の弁はないというのがにおう。

「車の事故で(大桃珠生ちゃんに)ぶつかった。泣き出したのでパニックになり、車に乗せて首を絞めた」

 新潟小2女児殺害事件で、電気工事会社員の小林遼容疑者(23=新潟市西区)はそんな内容の供述をしているというが、どうやらウソだ。

 偶然事故を起こしてパニックになり、珠生ちゃんを置き去りにして逃げたというなら、百歩譲ってまだ分かるが、そもそも遺体に衝突の形跡はなかったという。

「小林容疑者は先月、別の女子中学生を連れ回した疑いで書類送検されています。そして7日の事件当日、会社を初めて無断欠勤した小林容疑者の車が、現場周辺を行き来する不審な動きをしていたことも確認されている。小林容疑者の目的は推して知るべし。仮に供述が事実としても、女児を連れ回そうと車で物色していたら、珠生ちゃんにぶつかって泣き出された。警察に届け出るわけにもいかず、“口を封じた”と考えるのが自然です」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る