• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新潟女児殺害でウソ供述 容疑者の二面性と“空白7時間”の謎

 淡々と取り調べに応じているが、反省の弁はないというのがにおう。

「車の事故で(大桃珠生ちゃんに)ぶつかった。泣き出したのでパニックになり、車に乗せて首を絞めた」

 新潟小2女児殺害事件で、電気工事会社員の小林遼容疑者(23=新潟市西区)はそんな内容の供述をしているというが、どうやらウソだ。

 偶然事故を起こしてパニックになり、珠生ちゃんを置き去りにして逃げたというなら、百歩譲ってまだ分かるが、そもそも遺体に衝突の形跡はなかったという。

「小林容疑者は先月、別の女子中学生を連れ回した疑いで書類送検されています。そして7日の事件当日、会社を初めて無断欠勤した小林容疑者の車が、現場周辺を行き来する不審な動きをしていたことも確認されている。小林容疑者の目的は推して知るべし。仮に供述が事実としても、女児を連れ回そうと車で物色していたら、珠生ちゃんにぶつかって泣き出された。警察に届け出るわけにもいかず、“口を封じた”と考えるのが自然です」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る