• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

警官に“覚醒剤ドッキリ” 無法ユーチューバーが控訴のア然

 往生際の悪いユーチューバーだ。

 警察官の前で覚醒剤に見せかけた白い粉末入りのポリ袋を落として逃走し、偽計業務妨害の罪に問われた福井県越前市の自称広告業、鹿谷大治被告(32=逮捕時の姓は西坂)の判決公判が21日、福井簡裁であり、求刑通り罰金40万円の判決を言い渡した。被告側は同日、名古屋地裁金沢支部に控訴した。

 鹿谷被告は昨年8月、JR福井駅前の交番で道を尋ねるふりをして相談員を誘い出した。道案内をしてもらっている最中、ポケットの中からグラニュー糖入りのポリ袋を落とし、交番から警察官が飛び出した瞬間、袋を拾い上げて猛然とダッシュし、150メートル逃走した。

「現場には複数のパトカーが駆け付け、一時騒然となりました。追跡や職務質問、任意の取り調べに関わった警察官約30人が騒動に巻き込まれ、正常な業務を妨害された。白い粉が覚醒剤ではないことが分かったため、鹿谷被告はいったん解放されましたが、その後、元妻が撮影した動画をユーチューブにアップ。130万回以上再生され、ブログに『今回出した覚醒剤ドッキリは久しぶりに視聴回数がガンガン上がってますね』と書き込むなど、ひとり悦に入る始末でした」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る