“女性専用”うたいわいせつ行為 エロ柔道整復師の悪辣手口

公開日:

「胸を揉んだりしたのは間違いないが、施術の一環だった。なめたのは好意があると思ってやった」と供述しているというから、口から出まかせもいいところだ。

「女性専用」「プライベートサロン」をうたい、「施術」を装って女性にいかがわしい行為をしていたとして、東京都葛飾区の柔道整復師、山本貢容疑者(38)が16日、準強制わいせつの疑いで警視庁に逮捕された。

 その悪辣な手口はこうだ。2月17日午後、経営する整体院「整体room faro」に併設されたネイルサロンにいた客の10代女子大生に、「無料体験のモニターとして来て下さい」と声を掛け、施術室に連れ込んだ。2人きりの部屋で山本容疑者は「服を脱いで下さい」と言って女子大生の上半身を裸にさせ、胸を揉み、乳首をなめ回したという。

「同院は院長の山本容疑者が1人で施術を行っていて、女子大生は『1対1だったので、怖くて逃げられなかった』と怯えた様子でした。女子大生は約6時間も部屋に閉じ込められていたようです。後日、最寄りの警察署に相談して、被害が発覚した」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る