• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

わいせつ報道ラッシュ 性犯罪者の検挙数が増えているナゼ

 元プロ野球選手の堤裕貴容疑者(24)が公然わいせつで24日に現行犯逮捕され、タレントで妻の木口亜矢(32)は26日付の自身のブログで謝罪した。元TOKIO山口達也の強制わいせつしかり、最近は性犯罪報道が続いている。

 実際、警察庁の統計によると、2017年の刑法犯全体の検挙件数、検挙人員ともに減少傾向にあるものの、「強制わいせつ」「強制性交等」については、いずれも前年より増加した。

 そもそも性犯罪は被害者が泣き寝入りするケースが多い。被害に遭っても届け出る女性は、わずか18・5%だ(法務総合研究所「第4回犯罪被害実態調査」)。

 元警視庁刑事で防犯コンサルタントの吉川祐二氏がこう言う。

「強制わいせつや強制性交等などは、他の犯罪に比べて再犯率が高い。SNSを悪用する性犯罪者も増えています。そのうえ被害者は、個人情報の流出を恐れてなかなか名乗り出ない。捕まりにくいので実数が分からないし、“味を占めるヤカラ”がいるわけです。実際の性犯罪件数は年々増加しているとみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  9. 9

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る