4回目逮捕の痴漢医師 病院理事長の父が嘆き「親子だから」

公開日:

 ここまでくると、もはや「ビョーキ」では済まされない。地下鉄の車内で女性の尻に陰部を押し当てたとして、愛知県豊橋市の豊生病院の内科医、鈴木靖幸容疑者(42)が26日、同県警に県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕された。

 “事件”は同日午後4時15~18分ごろ、名古屋市営地下鉄東山線の電車内で起きた。

「鈴木容疑者は股間部分に切れ込みが入ったスエットパンツをはいていた。販売されているものではなく、自作のようです。電車が伏見駅に差し掛かったあたりで、車内で立っていた23歳の女性の背後に近寄り、股間部分の穴からおもむろにイチモツをつまみ出し、服の上から尻に当てがった」(捜査事情通)

 驚いた女性が鈴木容疑者の足を思い切り踏みつけると、次の名古屋駅で降りて逃走。女性はすぐに駅のホームで駅員に被害に遭ったことを伝えた。駅員がその場から走り去ろうとする鈴木容疑者を追い掛け、改札を出た地下街で取り押さえた。女性と面識はなく、調べに対し、「私がひとりでやったことに間違いありません」と供述しているという。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る