• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侵入店内でさばき後片付けも 神戸“魚泥棒”謎だらけの手口

「3カ月くらい前に包丁を4本盗られたんですよ。ほんで2、3週間前に2本戻ってきたんです。それも、ちゃんと包丁置きに戻してあった。『誰が隠したんやろ。いたずらしたらアカンね』って言うとったんです。それで防犯カメラの映像を見たら、今回と同じ人物が写っとった。2本はまだ持ったままやから、それを使っとったんかもしれません」(鮮魚店「大谷商店」の大谷雅さん)

 5月11日未明、神戸市灘区の水道筋商店街にある大谷商店で、天然鯛やヒラメなど約10種類、被害総額20万円相当の高級魚が盗まれた。しかも魚ドロボーは店内で魚を締め、さばいてから持ち帰ったというのだから、何とも大胆不敵だ。

 午前8時、店のシャッターを開けると調理場の水が出しっ放しで、いけすの中の魚が何匹か死に、シンクの下にイカとヒラメのエラが落ちていた。不審に思った大谷さんは、店の外にある防犯カメラの映像を確認。すると前日の午後11時30分ごろ、青い帽子をかぶり、眼鏡を掛けた30代とおぼしき男がビニール袋を持って現れ、しばらく行ったり来たりする姿が写っていた。その約4時間後、男は車エビと酸素ポンプが入った店のバケツと大きな荷物を抱え、その場から立ち去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る