台湾の10代少女をレイプ未遂…31歳劇団俳優の評判と二面性

公開日:

「スリルやドキドキ感を味わいたかった」--ぬけぬけとそう供述しているという。

 宿泊施設に侵入し、台湾から観光に来ていた10代少女に乱暴しようとした強制性交未遂の疑いで、アルバイトの椎名康裕容疑者(31=東京都板橋区志村)が5月31日、警視庁高島平署に逮捕された。

 椎名容疑者は1月6日未明、板橋区内の民泊マンションに侵入。「静かにしろ!」と少女の首元にカッターナイフを突きつけ、乱暴しようとした疑いだ。

「椎名容疑者は『刺激を求める癖があり、スリルやドキドキ感を味わいたかった』などと供述しています。鍵のかかっていないドアから部屋に侵入。少女をレイプしようとしましたが、少女が激しく抵抗したので未遂に終わりました」

 防犯カメラの画像などから逮捕につながったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る