紀州のドン・ファン怪死 3カ月前の「ナンパ」と「離婚話」

公開日:  更新日:

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)が、和歌山県田辺市の自宅で怪死を遂げてからすでに10日以上。依然、死のナゾは解明されないままだ。

 今月2日と3日、22歳の妻Sさんと60代の家政婦の自宅に県警の家宅捜索が入ったことで、ワイドショーはますますヒートアップ。家政婦本人を直撃し、連日、センセーショナルに報じている。

 最新号の「フラッシュ」によると、Sさんから「離婚したい」と切り出された野崎さんは、金銭的な条件を含めた念書を交わして離婚を思いとどまらせていたという。

 その一方、野崎さんの知人によると、なかなか一緒に暮らそうとしないSさんに、野崎さんは業を煮やしていたという。結婚したばかりの2人は、あまりうまくいっていなかったのだろうか。

 野崎さんは中学卒業後、鉄クズやコンドームの訪問販売、酒類販売、不動産業、金融業などで一代で50億円ともいわれる財を築き、1998年には田辺市の高額納税者トップになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る