• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紀州のドン・ファン怪死 真相究明長期化にこれだけの根拠

 真相究明には、まだまだ時間がかかりそうだ。

 先月24日に自宅寝室のソファの上で下半身裸の状態で怪死した「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助氏(享年77)の死因が急性循環不全だったことが分かった。

 野崎氏の胃や血液、肝臓からは高濃度の覚醒剤の成分が検出され、腕などに注射痕が確認されなかったため、和歌山県警は覚醒剤摂取と死因の関連を慎重に調べている。

 一方、県警は2~3日にかけ、都内にある妻Sさん(22)と家政婦(66)の自宅を容疑者不詳の殺人容疑で家宅捜索したことから、メディアをはじめ、世間の関心は一気に過熱。「殺人容疑」といっても、殺人として立件されないケースもあり、あくまで「殺人」も視野に入れて、という意味の捜索だ。

「県警が家宅捜索に入った家政婦の自宅は、築50年ほどの賃貸マンションです。家政婦は月10日ほど和歌山に行き、住み込みで野崎さんの身の回りの面倒を見ていた。日給1万5000円だったそうです。ただ家政婦の仕事がある時以外は、都内の自宅にずっと居たわけではなさそう。近所の人によれば年に数回見るくらいで、どんな生活を送っていたかは不明。妻のSさんは、野崎さんから毎月100万円以上の小遣いをもらい、東京や海外で優雅な暮らしを送っていたようです。築1年の1Kで10万円ほどのマンションに住んでいましたが、今年4月から和歌山で野崎さんと同居を始めた。それでも借り続けていたのには、何か理由があったからでしょう」(メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る