紀州のドン・ファン 22歳美人妻“主演AV”のエロすぎる中身

公開日:

 ついにAV出演の過去まで暴露されてしまった。

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)が亡くなって2週間。和歌山県警は6日、死因は急性覚醒剤中毒で、死亡推定時間は先月24日午後9時ごろと発表した。

 6日もドン・ファンの怪死をめぐる報道は過熱する一方だ。テレビ局は和歌山県田辺市の自宅へ戻る妻Sさん(22)を早朝から追い掛け回し、羽田、南紀白浜空港、自宅でマイクを向けた。容疑者でも何でもない未亡人のSさんや家政婦(66)の過去や家族が、メディアによって次々とさらされている。もはや何でもアリの暴露合戦だ。

 7日発売の週刊新潮はSさんの顔写真を、目線なしの実名入りで報道。記事によると、Sさんは札幌市出身の5人家族。高校卒業後、同市内の美容専門学校を経て上京。結婚前の昨年9月に「ナンパもの」のAV2本に出演した過去があるという。野崎氏が亡くなる10日ほど前に従業員の間で「(Sさんが)AVに出ている」と話題になり、従業員全員の携帯電話にデータが残されていたとまで伝えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る