紀州のドン・ファン 22歳美人妻“主演AV”のエロすぎる中身

公開日:

 ついにAV出演の過去まで暴露されてしまった。

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)が亡くなって2週間。和歌山県警は6日、死因は急性覚醒剤中毒で、死亡推定時間は先月24日午後9時ごろと発表した。

 6日もドン・ファンの怪死をめぐる報道は過熱する一方だ。テレビ局は和歌山県田辺市の自宅へ戻る妻Sさん(22)を早朝から追い掛け回し、羽田、南紀白浜空港、自宅でマイクを向けた。容疑者でも何でもない未亡人のSさんや家政婦(66)の過去や家族が、メディアによって次々とさらされている。もはや何でもアリの暴露合戦だ。

 7日発売の週刊新潮はSさんの顔写真を、目線なしの実名入りで報道。記事によると、Sさんは札幌市出身の5人家族。高校卒業後、同市内の美容専門学校を経て上京。結婚前の昨年9月に「ナンパもの」のAV2本に出演した過去があるという。野崎氏が亡くなる10日ほど前に従業員の間で「(Sさんが)AVに出ている」と話題になり、従業員全員の携帯電話にデータが残されていたとまで伝えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る