岩手1歳児衰弱死 25歳鬼畜父を“放置”した市のグズ対応

公開日:

 東京都目黒区の5歳女児虐待死で両親が逮捕された事件も悲惨だが、この岩手の事件も相当だ。

 1歳9カ月の長男に十分な食事を与えずに死なせたとして、父親で解体作業員の高舘拳容疑者(25=岩手県北上市)が5日、保護責任者遺棄致死の疑いで同県警北上署に逮捕され、6日に盛岡地検に身柄を送られた。

 高舘容疑者は長男の優人ちゃんに十分な食事を与えず、4月8日の夕方ごろ、低栄養や脱水症状による全身機能障害で死亡させた疑い。数カ月前から妻と別居しており、平屋の市営住宅で優人ちゃんと2人暮らしだったという。

「本人は『間違いありません』と容疑を認めていますが、司法解剖の結果、優人ちゃんが死亡した8日は食事どころか水分すら与えていなかったことが分かっています。遺体から目立った外傷は見つかっていません。ただ、おむつかぶれはあったようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る