“紀州のドン・ファン”怪死で新事実 愛犬の埋葬で夫婦対立

公開日:

 愛犬イブの埋葬方法を巡り、“紀州のドン・ファン”夫妻がモメていた――。

 野崎幸助氏(享年77)が急性覚醒剤中毒で怪死したことに関連して、和歌山県警は7日、5月上旬に急死したイブの死因などを調べるため、自宅庭から死骸を掘り起こした。埋葬前に、野崎氏は「土葬」を、妻のSさんは「火葬」を希望し、意見が対立していたことが分かった。9日のスポニチやデイリースポーツが、イブの葬儀で読経した寺の住職の話として報じた。

 イブの死骸は県外の専門機関に運ばれ、死因の特定が行われている。イブはもがき苦しんで突然死したとみられ、薬物反応などが調べられている。

 イブが火葬されていたら、死因の特定は極めて困難になっていた。土葬されていたことに加え、土中では腐敗の進行が緩やかになることなどから、死因の特定が可能になった。「土葬」を主張した野崎氏は「何か」を予感していたのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る