• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

紀州のドン・ファン事件 覚醒剤1グラムで致死量に至るのか

 覚醒剤の使用者で口から飲み込んで摂取する者はいない。効き目が遠くなり、不経済だからだ。たいていは静脈注射か鼻でスニッフィングする。あるいは歯茎や性器の粘膜にすり込み、皮膚吸収で摂取する。

 紀州のドン・ファン、野崎幸助氏(享年77)の胃からは覚醒剤が検出されたという。テレビを見ていると、専門家は経口摂取でも、致死量は1グラムだと言う。本当か、と思う。というのは、静脈注射でも一度に1グラムを摂取して、平然としている者がまれにいるからだ。厚労省の麻薬Gメンから直接聞いた話であり、ウソではなかろう。

 1グラムを飲ませることで相手が死ぬなら、覚醒剤は押しも押されもしない毒薬である。1グラムなら食べ物や飲み物に混ぜることで、相手に気づかせずに一服盛ることが可能だろう。

 関西方面では仲卸から数グラム程度の覚醒剤を仕入れ、小分けして、使用者に直接小売りする末端売人を「コシャ」という。コシャはゴマンといるから、1グラム程度の覚醒剤を調達できる者など、無数だ。使用者の中にも一度に数グラムの覚醒剤を「おとな買い」する者など珍しくない。とすれば、野崎氏が殺されるチャンスは数多くあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る