1回で5万円注文も “紀州のドン・ファン”が花を愛したワケ

公開日:

「花瓶を買ったから花を生けてくれ」

 急性覚醒剤中毒で亡くなった「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助氏(享年77)は地元で「無類の花好き」として知られていた。市内の花店関係者がこう言う。

「野崎さん宅に初めて花を持って行ったのが、20年前くらい。突然、電話がかかってきてね。で、どんな花が合うかと思って花瓶を見に行ったんだ。そしたら、(フランスのガラス工芸家)エミール・ガレの花瓶が置いてあって。値段は2000万円ぐらいと言っていたかな。『これは美術館に飾る花瓶であって、実際に花を挿すものじゃない』とやんわり断ったら、『そんなんいい』と怒っていたよ」

 以来、野崎氏から花の注文が度々、電話で入ったという。

「特別に思い入れや、こだわりを持っていた種類の花はなくて、とにかく『値段の高い花がほしい』と。1回に5万円分とか6万円分とか値段だけ言うので、適当に見繕って持って行った」(前出の花店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る