1回で5万円注文も “紀州のドン・ファン”が花を愛したワケ

公開日:

「花瓶を買ったから花を生けてくれ」

 急性覚醒剤中毒で亡くなった「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助氏(享年77)は地元で「無類の花好き」として知られていた。市内の花店関係者がこう言う。

「野崎さん宅に初めて花を持って行ったのが、20年前くらい。突然、電話がかかってきてね。で、どんな花が合うかと思って花瓶を見に行ったんだ。そしたら、(フランスのガラス工芸家)エミール・ガレの花瓶が置いてあって。値段は2000万円ぐらいと言っていたかな。『これは美術館に飾る花瓶であって、実際に花を挿すものじゃない』とやんわり断ったら、『そんなんいい』と怒っていたよ」

 以来、野崎氏から花の注文が度々、電話で入ったという。

「特別に思い入れや、こだわりを持っていた種類の花はなくて、とにかく『値段の高い花がほしい』と。1回に5万円分とか6万円分とか値段だけ言うので、適当に見繕って持って行った」(前出の花店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る