• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

数年前にも同じ公園に…新幹線殺傷の容疑者“野宿”の予兆

「長野で2カ月間ほど自転車で放浪し、公園で野宿のような生活をしていた。(事件直前に)長野でナタと果物ナイフを買った。事件当日の午前中に長野から東京まで来て、夜になって新幹線に乗り込んだ」

 9日、東海道新幹線の車内で乗客3人が殺傷された事件。殺人容疑で送検された小島一朗容疑者(22=愛知県岡崎市)は神奈川県警の調べに対し、こう供述しているという。押収されたリュックサックからは、大量の衣服と寝袋などが見つかった。

 小島容疑者は昨年12月、「旅に出る」と言い残して外出したまま、祖母と暮らす自宅に戻ることはなかった。

■今年3月に雪の長野で職務質問を

 部屋には「人生においてやり残したこと 冬の雪山での自殺」と書かれたメモが残され、たびたび「死にたい」と口にしていたという。太いロープを持ち歩き、家出を繰り返していた。その後、小島容疑者は各地を転々。今年3月21日には小島容疑者によく似た人物が中央アルプスの玄関口、長野県木曽郡上松町の景勝地「寝覚の床」の付近で、警察の職務質問を受けていた。最低気温0・9度、小雨まじりの雪が舞う寒い日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る