埼京線で痴漢するため…兵庫から“遠征”した36歳男の手口

公開日:  更新日:

 痴漢をするために、瀬戸内海の小さな島からわざわざ遠征してきたというのだから、ア然だ。

 JR埼京線の車内で痴漢をした強制わいせつ容疑で、派遣社員の佐伯和彦容疑者(36=兵庫県姫路市家島町)が13日までに、警視庁板橋署に逮捕された。

 佐伯容疑者は4月9日、午後7時2分新宿発・川越行きの通勤快速に乗り込み、埼玉県に住む22歳の女性の陰部を複数人で触っている様子を撮影しようとした疑い。

 佐伯容疑者はインターネットの「痴漢体験告白」掲示板で、午後7時2分を意味する「1902が最強」という書き込みを見つけ、その電車を選んだようだ。

「痴漢が一番やりやすく、逃げやすいとされる『1の1』といわれる先頭車両の一番前のドアから乗車。ちょうど帰宅時間の車内は乗車率200%近いスシ詰め状態でした。掲示板を見て集まったと思われる5、6人の男たちとグルになって被害者の女性を狙い、周りを囲みました。新宿駅から板橋駅に向かう9分の間に、男たちの手が女性の股間に延び、パンティーに手を入れ、代わる代わるまさぐった。佐伯容疑者はその集団痴漢の様子を撮影したかったようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る