松戸リンちゃん殺害 残忍すぎる鬼畜男は死刑になるのか?

公開日: 更新日:

 千葉県松戸市のベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(当時9)が殺害された事件で、リンちゃんが通っていた小学校の元保護者会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判が続いている。

 15日の第9回公判の証人尋問で、証言台に立った父親のレェ・アイン・ハオさん(35)は「残忍な殺され方をして本当に悲しい。犯人の死刑をお願いしたい」と悲痛な叫びを訴えた。

 初公判で渋谷被告は「検察側の主張は架空、捏造で一切関与していない」と容疑を否認。リンちゃんが行方不明になった当日の行動をめぐるやりとりでも証言内容を二転三転させるなど、反省した様子は感じられなかった。

「ぼそぼそとしているがしゃべり方はまともです。ただ内容は支離滅裂で、証人が話した内容に合わせて、自分の頭の中でストーリーを用意しているのではないかという印象です」(千葉県警担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る