バスケ審判殴打 右フックで1発KOした留学生の“意外な評判”

公開日:

 強烈な右フックが左アゴを捉えた瞬間、審判はその場から吹っ飛んだ。

 長崎県大村市で17日に開催された「全九州高校体育大会」のバスケットボールの男子準決勝。宮崎県の強豪校、延岡学園高のコンゴ人留学生の選手(15)がオフェンススクリーンをした時、背後についた相手選手を突き飛ばした。審判は留学生にファウルを宣告。これにキレた留学生は味方選手を手でどかせ、審判の前に。右手を上げて制止させようとする審判の左アゴをめがけ、ノーモーションで渾身の右フックを浴びせた。身長2メートル超の長身から振り下ろされたリーチのある右フックに、審判は頭部からのけぞるように崩れ落ち、一発ノックアウトだった。

 その場を立ち去ろうとする留学生に対し、1学年上の先輩コンゴ人留学生(17)は何度も留学生の胸を小突き、怒りを爆発。審判はすぐに救急車で搬送され、口を10針縫うケガ。警察で事情聴取を受けた留学生は審判に謝罪。審判は「日本もバスケットボールも嫌いにならないで欲しい」と伝え、被害届は出さない意向だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る