紀州のドン・ファン急死 愛犬イブから覚醒剤は検出されず

公開日:

 “紀州のドン・ファン”こと和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助氏(享年77)が先月24日、急性覚醒剤中毒で死亡した事件。警察がその18日前に突然死した愛犬イブの遺体を詳しく調べた結果、覚醒剤の成分は検出されなかったことが分かった。22日、NHKが報じた。

 警察は野崎氏の死亡の経緯に不審な点があるとして、容疑者を特定せずに殺人容疑で捜査。イブを野崎氏の自宅の庭から掘り出して専門機関に分析を依頼していた。その結果、イブの血液だけでなく、臓器などからも覚醒剤は検出されなかったという。

 警察は先月に続いて今月20日にも、田辺市にある野崎氏が経営していた会社を捜索。愛犬から覚醒剤が検出されれば、野崎氏が覚醒剤を摂取した経緯の解明につながるとみていただけに、捜査の見直しを迫られるのは必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る