菊池桃子は自宅を知られ…現役タクシー運転手が語る防衛策

公開日:

「二度と近づきません」と約束して釈放されたというのに、またやった――。

 つきまとい禁止命令を無視し、女優の菊池桃子さん(49)宅に押しかけ、インターホンを押したとして、元タクシー運転者で無職の飯塚博光容疑者(56=東京都足立区)が24日、ストーカー規制法違反の疑いで、警視庁に逮捕された。

 飯塚容疑者は昨年秋、配車システムを利用し、タクシーを拾った菊池さんを自宅まで送り届けて住所を知ったという。

「菊池さんはマスクで顔を隠していましたが、声で本人だと気付いた飯塚容疑者は、降車時のドアサービスで近づいて顔を確認。その後、菊池さんの事務所に交際を求めるメールを送りつけ、数回にわたって菊池さん宅を訪れ、インターホンを鳴らしていたのです」(芸能ライター)

 今年3月になって、菊池さんから相談を受けていた池袋署員が、同法違反容疑で飯塚容疑者を現行犯逮捕。略式起訴により、罰金30万円で4月に釈放されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る