• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブロガー殺害は他人事じゃない 危ない相手に絡まれたら…

「インターネット上のやりとりで恨んでいた。死なせてやろうと刺した」――。福岡市でITセミナー講師の岡本顕一郎氏(41)を刺殺した松本英光容疑者(42)はこう供述したという。

 事の発端は松本容疑者があちこちのブログに「低能」と書き込みをしていたことだ。5月12日、これを問題視した岡本氏が自身のブログで「低能先生という荒しがいる」「私も低能先生に、お下劣な言葉を定期的に投げかけられている」などと批判。岡本氏は24日、福岡市で講演会に参加した際、松本容疑者から切りつけられた。

 松本容疑者は警察に自首する前に「俺を『低能先生です』の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきた。お前らへの返答だ」と書き込んだ。批判されたことで憎しみを増幅させたようだ。

「松本容疑者は九州大学に8年在籍して中退。ラーメン屋の社員になったこともあったが、この7、8年は働かず、引きこもりだったようです。あるブログで自分の引きこもりとネット弁慶ぶりを揶揄されたため怒り狂ったとの説もあります」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る