• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

職員にヘッドロックや殺虫剤…明石市元部長の強烈パワハラ

 男女3人の部下がヘッドロックをかけられ、別の女性職員は殺虫剤のスプレー缶を向けられ、シュッ、シュッ――。とんでもない暴力公務員がいたものだ。

 部下10人に平手打ちや足蹴りなどの暴行、暴言、セクハラ行為をしたとして、兵庫県明石市は25日、元産業文化振興部長(59)を停職6カ月の懲戒処分にした。元部長は同日付で依願退職した。

 元部長は今年3月に開催された友好都市の交流団の歓迎会で、部下の男性職員の左足を靴のまま足蹴り。昼の公務で部下の仕事ぶりに不満を募らせ、酒が入り、つい足が出たという。

「公益通報制度に基づき、外部の弁護士が調査をしたところ、複数の職員が暴行の様子を目撃していたため、5月に総務局付参与に異動になった。元部長は『しっかりせい』という叱咤激励のつもりでやったそうですが、その後、職員28人に聞き取り調査を行った結果、文化・スポーツ部長だった2016~17年にかけ、10人の部下に対するパワハラやセクハラ被害がゾロゾロ出てきたのです」(市担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る