職員にヘッドロックや殺虫剤…明石市元部長の強烈パワハラ

公開日:

 男女3人の部下がヘッドロックをかけられ、別の女性職員は殺虫剤のスプレー缶を向けられ、シュッ、シュッ――。とんでもない暴力公務員がいたものだ。

 部下10人に平手打ちや足蹴りなどの暴行、暴言、セクハラ行為をしたとして、兵庫県明石市は25日、元産業文化振興部長(59)を停職6カ月の懲戒処分にした。元部長は同日付で依願退職した。

 元部長は今年3月に開催された友好都市の交流団の歓迎会で、部下の男性職員の左足を靴のまま足蹴り。昼の公務で部下の仕事ぶりに不満を募らせ、酒が入り、つい足が出たという。

「公益通報制度に基づき、外部の弁護士が調査をしたところ、複数の職員が暴行の様子を目撃していたため、5月に総務局付参与に異動になった。元部長は『しっかりせい』という叱咤激励のつもりでやったそうですが、その後、職員28人に聞き取り調査を行った結果、文化・スポーツ部長だった2016~17年にかけ、10人の部下に対するパワハラやセクハラ被害がゾロゾロ出てきたのです」(市担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る