• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

職員にヘッドロックや殺虫剤…明石市元部長の強烈パワハラ

 男女3人の部下がヘッドロックをかけられ、別の女性職員は殺虫剤のスプレー缶を向けられ、シュッ、シュッ――。とんでもない暴力公務員がいたものだ。

 部下10人に平手打ちや足蹴りなどの暴行、暴言、セクハラ行為をしたとして、兵庫県明石市は25日、元産業文化振興部長(59)を停職6カ月の懲戒処分にした。元部長は同日付で依願退職した。

 元部長は今年3月に開催された友好都市の交流団の歓迎会で、部下の男性職員の左足を靴のまま足蹴り。昼の公務で部下の仕事ぶりに不満を募らせ、酒が入り、つい足が出たという。

「公益通報制度に基づき、外部の弁護士が調査をしたところ、複数の職員が暴行の様子を目撃していたため、5月に総務局付参与に異動になった。元部長は『しっかりせい』という叱咤激励のつもりでやったそうですが、その後、職員28人に聞き取り調査を行った結果、文化・スポーツ部長だった2016~17年にかけ、10人の部下に対するパワハラやセクハラ被害がゾロゾロ出てきたのです」(市担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る