職員にヘッドロックや殺虫剤…明石市元部長の強烈パワハラ

公開日:

 男女3人の部下がヘッドロックをかけられ、別の女性職員は殺虫剤のスプレー缶を向けられ、シュッ、シュッ――。とんでもない暴力公務員がいたものだ。

 部下10人に平手打ちや足蹴りなどの暴行、暴言、セクハラ行為をしたとして、兵庫県明石市は25日、元産業文化振興部長(59)を停職6カ月の懲戒処分にした。元部長は同日付で依願退職した。

 元部長は今年3月に開催された友好都市の交流団の歓迎会で、部下の男性職員の左足を靴のまま足蹴り。昼の公務で部下の仕事ぶりに不満を募らせ、酒が入り、つい足が出たという。

「公益通報制度に基づき、外部の弁護士が調査をしたところ、複数の職員が暴行の様子を目撃していたため、5月に総務局付参与に異動になった。元部長は『しっかりせい』という叱咤激励のつもりでやったそうですが、その後、職員28人に聞き取り調査を行った結果、文化・スポーツ部長だった2016~17年にかけ、10人の部下に対するパワハラやセクハラ被害がゾロゾロ出てきたのです」(市担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る