代々木駅前立てこもり男 ヤクザでもシャブ中でもなかった

公開日:  更新日:

「尿検査の結果、覚醒剤反応は出なかった。警視庁の暴力団関係者のデータベースにも、森山容疑者の名前はありませんでした」(捜査事情通)

 25日、東京・JR代々木駅前の居酒屋に、包丁を持った男が2時間半立てこもった事件。

 公務執行妨害の疑いで警視庁に現行犯逮捕された自称住所不定、無職の森山聡容疑者(37)は暴力団関係者でもシャブ中でもないことが分かった。

「無銭飲食をしたから捕まえに来い!」

 こんな挑発的な電話を警察にかけ、駆け付けた警察官の前で店のガラスを割って刃物を振り回し、炊飯器や椅子、酒瓶、花火を投げつけ、「ぶっ殺してやる!」「爆弾を持っている!」と叫んだ森山容疑者。警察官の説得にも応じず、立ち向かうそぶりを見せていたが、警視庁捜査1課特殊班(SIT)が突入すると、簡単に取り押さえられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る