「RADWINPS」への抗議活動で逮捕 ダンマリ男の主張と素性

公開日:

 神戸市中央区で行われた人気ロックバンド「RADWIMPS」のコンサート会場周辺の交差点内に駐車したとして、神戸水上署は26日、兵庫県尼崎市の職業不詳、後藤茂容疑者(47)を道交法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 後藤容疑者は他の男1人、女2人と一緒にコンサート開始前の午後5時20分ごろ、「侵略戦争と戦死の歌をうたうな」と書かれた横断幕と屋根に拡声器をつけた軽自動車を交差点に停車させ、女がマイクで「RADWIMPS、HINOMARUやめろ」と連呼。「歌ではなく、国旗の日の丸についてどのように考えているのか教えてください」と叫びながら、同バンドの曲「HINOMARU」の歌詞が不適切だと主張し、公演中止を求める抗議活動をした。

「駐停車禁止の場所なので、ただちに車両を移動してください」

 警察官が車両に向かってこう呼び掛けても、まったく無視。それどころか再三の警告にもかかわらず、開けていた窓を閉め、街宣活動を続けた。警察官は紙にマジックで「車両を移動しなさい」「街宣活動をやめなさい」と書いて後藤容疑者らに掲示。フロントガラスや運転席側のガラスに掲げて移動を指示したが、一切応じなかったため、5時28分、運転手の後藤容疑者を逮捕し、車両を押収。後藤容疑者は免許証の提示にも応じなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る