• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

乗員全員13歳の前代未聞…岡山“無免許運転事故”悲劇の真相

 乗っていた全員が13歳で、1人が死亡――。岡山市で前代未聞の悲劇が起きた。

 1日午前5時ごろ、同市北区青江の国道で中学2年の男女が乗ったクルマが中央分離帯の支柱に衝突。安部心晴さんが車外に放り出され、頭蓋骨内損傷で死亡した。このクルマには岡山市の4人と倉敷市の1人が乗っていて、内訳は男3人、女2人。安部さんを除く4人は岡山赤十字病院など3つの病院に入院中だが、命に別条はないという。クルマは5人のうちの1人の家族が所有していた。

 未成年者ということで、県警は慎重に捜査を進めている。

「救急車が駆けつけたとき運転席に人はいたが、その人が運転していたかはハッキリしない。運転者はその後の人生に重荷を背負うことになるので、間違いのないよう時間をかけて調べる方針のようです。治療中の4人のケガは左大腿骨骨折、左足首骨折、すい臓・肝臓損傷、高エネルギー外傷などです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る