看護師誘拐事件で県警が激怒「報道のせいで主犯が死んだ」

公開日:

 捜査当局は真相をつかんでいるのか――。

 5月末に浜松市で起きた看護師連れ去り事件。死体で見つかった内山茉由子さん(29)がなぜ狙われたのか、具体的な情報は出てきていない。

 主犯格の芥川豊史容疑者(39)が新潟市で自殺し、共犯の鈴木充(42)と伊藤基樹(28)の両容疑者は営利目的誘拐と逮捕監禁で起訴されている。伊藤容疑者は取り調べで「怖くなって途中で車から降りた。そのときは(内山さんは)生きていた。死亡や遺棄の経緯は知らない」と供述しているという。

 嫌疑が営利目的誘拐というので身代金が目的で拉致したのかと思ったら、違うようだ。

「営利目的とは鈴木容疑者と伊藤容疑者が芥川容疑者から報酬を得るために内山さんを拉致したこと。彼らのギャラを表しているだけです」とは地元関係者だ。この事件ではあまり捜査情報が出てこないが、そこにはマスコミと県警の因縁があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る