看護師誘拐事件で県警が激怒「報道のせいで主犯が死んだ」

公開日:

 捜査当局は真相をつかんでいるのか――。

 5月末に浜松市で起きた看護師連れ去り事件。死体で見つかった内山茉由子さん(29)がなぜ狙われたのか、具体的な情報は出てきていない。

 主犯格の芥川豊史容疑者(39)が新潟市で自殺し、共犯の鈴木充(42)と伊藤基樹(28)の両容疑者は営利目的誘拐と逮捕監禁で起訴されている。伊藤容疑者は取り調べで「怖くなって途中で車から降りた。そのときは(内山さんは)生きていた。死亡や遺棄の経緯は知らない」と供述しているという。

 嫌疑が営利目的誘拐というので身代金が目的で拉致したのかと思ったら、違うようだ。

「営利目的とは鈴木容疑者と伊藤容疑者が芥川容疑者から報酬を得るために内山さんを拉致したこと。彼らのギャラを表しているだけです」とは地元関係者だ。この事件ではあまり捜査情報が出てこないが、そこにはマスコミと県警の因縁があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る