60歳オーナー再逮捕 六甲のシェアハウスは陵辱と盗撮の館

公開日:

 やはり、余罪がゾロゾロ出てきた。

 自宅で経営するシェアハウスの大家の立場を悪用し、居住者の女性(当時21)にわいせつ行為をしていた男性が、風呂場で別の女性を盗撮――。

 県迷惑防止条例違反の疑いで3日、兵庫県警に再逮捕されたのは、神戸市灘区の無職、森崎幸義容疑者(60)。

 森崎容疑者は昨年3月から今年2月にかけ、シェアハウスの風呂場の脱衣所に盗撮用カメラを仕掛け、入居者の女子大生(24)ら3人の着替え姿を動画撮影した。

「シェアハウスいうても、自宅を間借りさせてるだけやから、風呂場も普通の家と一緒や。森崎容疑者は脱衣所に腕時計型とペン型のカメラを置き、女子大生らが服を脱ぐところから、風呂から出てカラダの滴を拭う様子まで動画で全部撮影しとった。今のところ脱衣所以外から盗撮カメラは見つかっておらず、動画の販売やネットで流した形跡もないようや。ただ今後の調べでは、脱衣所以外の場所からもカメラが出てくるかも分からんな」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る