女子生徒のトイレを盗撮 学習塾経営者の評判と卑劣な手口

公開日:

 その数、延べ約2400人分、動画約3700本――とんでもないハレンチ学習塾経営者がいたものだ。

 経営していた千葉県内の学習塾のトイレなどに小型の動画カメラを仕掛け、女子中高生を盗撮したとして、同県警は3日、元経営者の池田和紀容疑者(42)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕した。

 池田容疑者は2012年7月から今年5月までの5年10カ月にわたり、女子トイレと事務室の机の下に小型カメラを設置し、塾生徒の女子中高生ら約2400人(重複含む)、約3700本の児童ポルノを含む盗撮動画を製造した疑いが持たれている。

「塾の女子トイレ内で盗撮用のカメラが仕掛けられているようだ」

 今年5月、塾に通う女子生徒がカメラのレンズが光っていることに気付き、関係者を通じて県警に相談した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る