• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子生徒のトイレを盗撮 学習塾経営者の評判と卑劣な手口

 その数、延べ約2400人分、動画約3700本――とんでもないハレンチ学習塾経営者がいたものだ。

 経営していた千葉県内の学習塾のトイレなどに小型の動画カメラを仕掛け、女子中高生を盗撮したとして、同県警は3日、元経営者の池田和紀容疑者(42)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕した。

 池田容疑者は2012年7月から今年5月までの5年10カ月にわたり、女子トイレと事務室の机の下に小型カメラを設置し、塾生徒の女子中高生ら約2400人(重複含む)、約3700本の児童ポルノを含む盗撮動画を製造した疑いが持たれている。

「塾の女子トイレ内で盗撮用のカメラが仕掛けられているようだ」

 今年5月、塾に通う女子生徒がカメラのレンズが光っていることに気付き、関係者を通じて県警に相談した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る