大口病院点滴連続殺人“4階のジェイソン”仮面の下の心の闇

公開日:

「4階に“ジェイソン”がいる」

 横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院)の点滴連続中毒死事件。同病院の周辺では以前から、そんなウワサがささやかれていたという。ちなみにジェイソンとは、米ホラー映画「13日の金曜日」に登場する連続殺人鬼のことだ。

 ふたを開けてみれば、ジェイソンは、おとなしそうに見える31歳の女性看護師だった。神奈川県警に殺人容疑で逮捕された同病院の元看護師、久保木愛弓容疑者(横浜市鶴見区)は、「事件発覚(2016年9月)の2、3カ月前から、20人ぐらいに消毒液を入れた」「初めて消毒液を混入させた患者が死亡し、殺害できることが分かった」「他の看護師が巡回する隙を見計らった」などと供述をしているという。

「久保木容疑者は、16年9月18日に死亡した西川惣蔵さん(当時88)の点滴袋に注射器を使って消毒液を混入させ、殺害した疑いです。西川さんと同じ4階に入院し、同16日に死亡した女性(同78)、同18日に死亡した女性(同89)、同20日に死亡した男性(同88)の体内からも、西川さんを殺害したものと同じ消毒液の成分が検出されている。警察はこの4人以外にも、久保木容疑者が複数の患者を殺害したとみていますが、遺体はすでに火葬されているため、死因を検証し、立件するのは困難でしょう」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る