若い女を次々連れ込み覚醒剤使用…埼玉りそな行員の“裏の顔”

公開日:

 埼玉りそな銀行深谷支店員の谷崎勇太容疑者(30=さいたま市浦和区)が、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで6日、警視庁深川署に現行犯逮捕された。

 逮捕のきっかけは“キメセク”の相手と見られる女の供述だった。6月下旬に覚醒剤取締法違反(使用)容疑で深川署に逮捕された女が「谷崎容疑者と使った」と供述したことで、同容疑者の名前が浮上。同署が6日午前8時、同容疑者宅をガサ入れした。

「捜査員が『(覚醒剤を)持ってるだろ』と追及すると、谷崎容疑者は『あっちにあります』と台所の方向を指し、素直に認めたそうです。捜査員が台所の引き出しを調べたところ、覚醒剤約1・5グラムが入った袋が発見されました」(捜査事情通)

 谷崎容疑者は「仕事上のストレスがあり、興味本位だった」と、使用についても認めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る