女子高生含む数十人被害か 凶悪強姦魔2人の残虐手口と過去

公開日:

 凶悪犯2人は、数十件の関与をほのめかしているというが、一体、どれくらいの余罪があるのか――。

 当時20歳の女性を強姦したとして、愛知県警は9日、いずれも会社員の吉村勇祐(22=名古屋市)と吉岡友喜(22=同県春日井市)両容疑者を強制性交の疑いで逮捕した。2人とも容疑を認めているという。

 5月29日午後9時10分ごろ、2人は同県小牧市の歩道を自転車で走っていた女性に襲い掛かった。無理やり、女性を近くの畑に連れ込み、顔を押さえつけながら「うるさくしたら、いつでも殺せるからな」と脅し、怯える女性を乱暴した疑い。女性とは面識はなかった。

「吉岡容疑者はキューブ、吉村容疑者はデミオに乗り、車2台で移動しながら女性を物色していた。ターゲットの女性を見つけると、2人で犯行に及んでいたとみられています。現場付近で2人の車が目撃されていて、関与が浮上した。本人たちは未遂を含めて『他にも数十件やった』と供述しているため、県警が把握していない余罪も含めて追及している。地元では50件に上るとも報じられ、中には女子高生も含まれているとのことです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る