両腕ないホームレス画家が…観光客をハサミで刺し逮捕の怪

公開日:

 7月10日未明、米フロリダ州マイアミビーチで、男性がはさみで刺されて重傷を負う事件が起きた。それだけなら、さほど注目を集めなかっただろうが、この事件が奇妙だったのは容疑者に両腕がなかったことだ。

 地元紙マイアミ・ニュータイムズ(11日付)などによると、「致死的な凶器による加重暴行」の容疑で逮捕されたのは、ジョナサン・クレンショー容疑者(46)。

 クレンショーはホームレスで両腕がなく、足で巧みに絵筆を使い、「目」をモチーフにしたモザイク画を描くことで地元では有名だった。1枚60ドルの作品を買う観光客も少なくなかったという。

 その一方で、クレンショーは過去に警察や消防と何度もトラブルを起し、少なくとも4回、暴行容疑などで逮捕されている。

 同紙が過去に行った取材に、クレンショーは「時々、俺はもう死んでいるんじゃないかと思う。自殺とかを考えているわけじゃないが、そうすればもう苦しまなくて済む」などと深刻な精神的トラブルを示唆するような発言もしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る