また“肛門コンプレッサー”…被害男性は「ほぼ即死」の恐怖

公開日:

 また“コンプレッサー”の悪ふざけで死者が出た。

 同僚男性の肛門に空気を注入して死亡させた傷害致死容疑で、会社員の吉田佳志容疑者(34=茨城県つくば市)が14日、同県警に逮捕された。

 関係者らによると、吉田容疑者は13日午後5時ごろ、勤務先である同県龍ケ崎市の建設機械メーカーの工場で業務を終え、清掃作業中に、業務用の高圧コンプレッサーで機械に付着した汚れを吹き飛ばしていた。

 そこへ同僚のAさん(46)が通りがかり、吉田容疑者はふざけて、Aさんの背後から空気を吹きかけた。驚くAさんのお尻にさらにノズルを近づけ、作業服の上から肛門にギュッと押し付けたという。

「シューーーー!!」

 すると突然、Aさんは顔面蒼白(そうはく)となり、その場に倒れこんだ。騒然とする同僚たち。慌てた吉田容疑者は、Aさんに声をかけたが、すでに意識が混濁した状態だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る