元カノ宅に放火容疑 ストーカー男は窪塚洋介をライバル視

公開日:

 元カノにストーカー行為を繰り返した上、自宅マンションに火をつけたとして、警視庁は元自衛官で自称俳優のアルバイト店員、宇田大志容疑者(30=東京都品川区)を21日にも放火の疑いで再逮捕する。

 宇田容疑者は警察から「元交際相手の女性とは連絡を取らないように」と警告を受けていたにもかかわらず、6月中旬から下旬にかけ、メールやSNSで20回以上メッセージを送ったとして、今月1日、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されていた。

「別れた後も警告を無視し、『もう一度、話がしたい』『やり直そう』などと、未練がましく復縁を迫っていた。調べに対し、『メッセージは送ったが、ストーカーはしてない』としらじらしいウソをついているそうです。相手にされない腹いせだったのか、先月30日の夜、元カノが住む、港区のマンションの玄関の扉に火をつけた。ドアは木製だったため、激しく燃え上がり、フロアに煙が立ち込めたそうです。元カノは他の場所にいて無事でした。翌1日、警視庁は宇田容疑者を逮捕し、その後の調べで放火にも関与していることが分かったため、再逮捕する方針を固めたようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る