• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元カノ宅に放火容疑 ストーカー男は窪塚洋介をライバル視

 元カノにストーカー行為を繰り返した上、自宅マンションに火をつけたとして、警視庁は元自衛官で自称俳優のアルバイト店員、宇田大志容疑者(30=東京都品川区)を21日にも放火の疑いで再逮捕する。

 宇田容疑者は警察から「元交際相手の女性とは連絡を取らないように」と警告を受けていたにもかかわらず、6月中旬から下旬にかけ、メールやSNSで20回以上メッセージを送ったとして、今月1日、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されていた。

「別れた後も警告を無視し、『もう一度、話がしたい』『やり直そう』などと、未練がましく復縁を迫っていた。調べに対し、『メッセージは送ったが、ストーカーはしてない』としらじらしいウソをついているそうです。相手にされない腹いせだったのか、先月30日の夜、元カノが住む、港区のマンションの玄関の扉に火をつけた。ドアは木製だったため、激しく燃え上がり、フロアに煙が立ち込めたそうです。元カノは他の場所にいて無事でした。翌1日、警視庁は宇田容疑者を逮捕し、その後の調べで放火にも関与していることが分かったため、再逮捕する方針を固めたようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る