20歳年下夫の遺体遺棄 45歳“バツ4毒婦”のたぶらかしテク

公開日: 更新日:

 これまでどれだけの男をたぶらかしてきたのか。

 今年5月、三重県鈴鹿市で解体作業員の横山麗輝さん(当時25)が殺害され、妻でスナック経営の富士子(45)と不倫相手で会社員の上山真生(29)両容疑者が24日、死体遺棄容疑で逮捕された事件。富士子容疑者には4度の離婚歴があり、麗輝さんと5年前に再婚。最初に結婚した元夫との間に25歳の息子がいて、麗輝さんは中学時代の同級生。息子を通じて麗輝さんと知り合った。

 5月13日早朝4時40分ごろ、上山容疑者はスナックの駐車場に止めていた麗輝さんの軽ワゴン車に乗り込み、約40分後、富士子容疑者が自分の車で自宅へと向かった。

■“いいのは愛想だけ”というレベル

 富士子容疑者は近所に住む息子に「(麗輝さんと)連絡が取れない」と電話。息子が麗輝さん宅で、軽ワゴン車の後部座席であおむけの状態でドアにもたれかかっている麗輝さんを発見し、警察に通報した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  7. 7

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    テーマは“安倍首相の嘘” 望月衣塑子記者がトークショー

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る