窓口女性をひたすら盗撮…定年間際の役場課長のフェチぶり

公開日:

 勤続37年、定年間際の課長が、窓口で対応する女性のパンティーを隠し撮りしていたことがバレて、クビになった。7月28日付で懲戒免職処分を受けたのは、和歌山・日高川町役場勤務の男性課長A(60)。

 発覚のきっかけは、新たに取り付けられた防犯カメラだった。これまで庁舎内にはカメラはなく、7月7日、玄関を入ってすぐの1階フロアに設置した。4日後の11日、職員が鮮明度や長時間撮影するにはどんな設定がいいか確認するため、画像をチェックした。

 するとそこには、役場の窓口でカウンター越しに来庁者の対応をする女性と、すぐ後ろのイスに腰掛けるAの姿が。Aの前にはパソコンが置いてあり、職員たちは普段からそこに座って作業をしていた。Aはいつものようにパソコンを操作するフリをし、中腰で来庁者と話をしている女性のスカートの中に、そうっとデジタルカメラを差し入れ、ほんの2、3秒、動画を撮影。その後も同じ女性のスカートの内部を、2回盗撮している姿がバッチリ写っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る