窓口女性をひたすら盗撮…定年間際の役場課長のフェチぶり

公開日:

 勤続37年、定年間際の課長が、窓口で対応する女性のパンティーを隠し撮りしていたことがバレて、クビになった。7月28日付で懲戒免職処分を受けたのは、和歌山・日高川町役場勤務の男性課長A(60)。

 発覚のきっかけは、新たに取り付けられた防犯カメラだった。これまで庁舎内にはカメラはなく、7月7日、玄関を入ってすぐの1階フロアに設置した。4日後の11日、職員が鮮明度や長時間撮影するにはどんな設定がいいか確認するため、画像をチェックした。

 するとそこには、役場の窓口でカウンター越しに来庁者の対応をする女性と、すぐ後ろのイスに腰掛けるAの姿が。Aの前にはパソコンが置いてあり、職員たちは普段からそこに座って作業をしていた。Aはいつものようにパソコンを操作するフリをし、中腰で来庁者と話をしている女性のスカートの中に、そうっとデジタルカメラを差し入れ、ほんの2、3秒、動画を撮影。その後も同じ女性のスカートの内部を、2回盗撮している姿がバッチリ写っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る